Nak-House
総2階の住居部分に、車庫・アプローチの平屋が付属する形態。タル木も含め構造材は4寸角を使用、合理的な架構ですべてが表しとなっています。家具を置かず、LDKの畳スペースが生活の中心となるよう計画しています。また、来客時、収納されている建具を設置することにより客間として使用可能です。畳下はベタ基礎のコンクリートを床とする収納スペース。14帖の広さがある2階ホールは将来の子供のためのスペース、必要になったとき壁で区画するのではなく、収納家具でコーナーをつくる等、オープンな使い方を想定しています。
Nak-House
庭より見る外観

Houzz で見る